« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

練習すれば身になる。

博多はくもり、少々さむいかな~。

今、お客様が来たのですが。           

「明日から三連休やろ・・・sign02

「・・・ sweat02」                     

「そんな優良企業じゃありません」・・・(笑   

   

最近。こんなチラシを配っているのですが。

Img_2105 Img_2106                

          

お米マイスターからいただいた。 

「カンタン朝ごはん。」               

のチラシです。                      

お米を持って行って、チラシを渡すと、               

なにこれ・・・?って空気になり、               

「朝ごはんのレシピ集です。」           

この言葉を言っちゃうとお米の授業が始まっちゃいます。                           

「最近の子供は朝、ごはんを食べないんですよね~。

ごはんを食べなったら・・・」                 

・・・五分後・・・                    

「お弁当を作ると言うのは・・・」         

・・・十分後・・・                     

「北九州の助産婦さんで内田・・・」         

・・・十五分後・・・・・・・。                             

五分以降は冗談ですがwww(笑        

お米教室の練習が身に付いてきているようです。    

                   

shakeせんせ~い。

博多は晴天で寒くもなく、暑くもない一日。

昨日は仕事が終わって地域の人達と会議でした。

ちょっと飲みすぎたかな~。(汗;

昨日の昼から小学校に行って来ました。        

「ごはんパワー教室」でshake師匠の授業があったので、その見学でした。

Img_2092                   

                     

                    

実は、来週、この授業を私がすることになっていまして・・・(汗;

今回はビデオカメラを持ち込んでバッチリ撮影!

この映像をみて特訓だ!気合を入れています(笑

Img_2078 Img_2099 Img_2103                        

          

        

今回はフリップを使っての説明と精米体験。       

shake師匠の話がうまかったので、子供達は真剣に聞いていました。      

それにとても良い子共達で私語は無く、寝たりしている子供もいませんでした。

 

お客様。

博多は曇り。肌寒い一日です。

当店のお得意先で、伊藤様(仮名)と言う方がいます。

二週間に一回。ひとめぼれをご注文をいただきます。

実はその方には知的障害者の息子さんが居て、

私も知ってはいましたが、               

見てみぬふりをしていました。         

その伊藤様が最近、お米の注文の期間が長くなってきました。

父もたまに電話するんですが、

「まだ有ります。」と言う回答・・・。       

そして今日、ひとめぼれ10キロと米粒麦の

注文を頂きました。                

さっそく精米して、配達すると、

いつもの奥様が出てられ、            

「ごめんなさいね。いつもより注文が伸びたでしょう。お父様から電話頂くんだけどお弁当を作らなくなったの・・・」         

施設に行く息子さんの為に週に3日なんですが、お弁当を作っていました。    

話を聞くと息子さんは30才、知能は一才児、              

私は見た目で中学生位かと思っていました。

「20年以上作って来たけど、サボりたくなりました。」

私はそれを聞いて、「ご苦労さまでした。」と言いました。

奥様が涙が浮かんだのを気付きながら、    

お弁当の日の話をしました。竹下校長先生の話や、           

かしわのおにぎりを作って、包丁の怖さやごぼうを笹切りする大変さ。       

お弁当を作るのはとても大変と感じたこと。           

奥様は、「お弁当を作る大変さをよくご存知ですね」言いました。

今から考えると、私に「毎日、お弁当を作る私の大変さ」をうったえてる様にも思えます。                          

「私の性格は気丈だから、みんなが見ても、見劣りしないお弁当を作ってそれから、逃げ惑う息子を着替えさせて、送り出していました。」          

体格は中学生で押さえつけて、服を着させる・・・

とても大変だなと思い。「大変、ご苦労さまでした。」と言って、

重~い気持ちで帰ろうとしましたが、奥様の表情がとてもスッキリしていたので、救われました。happy01                 

お弁当の日っていろんな人を助けるんだなと実感sign01   

ブログの効能。

博多はくもりで夕方になりました。

秋も深まり朝晩が寒く感じますcloud

まだ半袖で大丈夫と思っていましたが、     

さすがに10月後半、長袖にしなくちゃです。

え~と。ブログネタ・・・(汗;                            

最近、身の回りでいろいろと起こっています。

良いことばかりなんですが、            

いざブログに書こうとしたら・・・思い出せない・・・(汗;

思い出せていて、ブログにしよう思ったら、

忙しくなって、ブログを書くことを忘れる。

人間って生きていれば、               

いろいろな経験をしますよね。           

経験を積めば仕事やプライベートなどに、

生かす事は出来るはずです。

仕事に関して言えば、

やはり経験を積んだベテランに仕事を任せると、

とても早く終わり、仕上がりも良い出来です。

経験の中で効率を学び、クオリティーを学び。

しかし、世の中にはダメ上司と言われる人がいますよね。

その人はなぜ、

経験を積んでもダメ上司なんだろうと考えます。

沢山の経験をしているはずなのに、

仕事を任せると・・・失敗ばかり・・・(汗;

性格に問題・・・体調が悪いとかの理由でしょうか?

私は、経験がその人に生きていないと思います。

生きてないと言うか、経験を記憶していないと思う。

経験とはとても抽象的です。           

経験しても大体忘れるでしょう。        

忘れないといけない事も多々あります。

しかし良い経験は残したいですよね。        

残すには言語化。

言葉に話して、記憶にしたり、文字にすることで、

記憶に残す。                   

そう言う部分ではブログはとても有効。

ブログにすると話がまとめて書くので、      

ブログの内容を人に喋るときは、        

一度まとめているから喋りやすく、伝えやすい。

それで、記憶に残るからとても良いです。

                          

散々、ブログをサボっていてこう言う、

まとめですいません(笑

ステーキハウス

博多はくもり空のまま夕方になりました。cloud

今日のブログネタも「お弁当の日」にしようと思いましたが、さすがにしつこいかな~と思いますので、今日は違う話題で。

当店の裏に幼馴染の友達がいて、たま~に一緒に昼ごはんを食べに行きます。     

ファミレスだったり当店が卸している焼肉屋さんだったりうどん屋だったり、雑餉隈では食事に困ることはありません。     

そんな中、最近よく行っている、近くのステーキハウス。                

ここはハンバーグランチや日替わりランチ、ステーキセットといろいろと有り、とてもおいしい。12時前に入るとコーヒーがサービスで付いてきますcafehappy01          

店の作りも良く外観は西部劇の酒場のような雰囲気。店内は、照明を落としてありシックな感じ。暖炉があり、そこでお肉を焼くこともたまに有るようです。それから写真が額縁に入って飾ってあり、写真は「荒野の七人」(たぶん?)や「シェーン」・・・sign02 インデアンなどなどとてもいい感じのお店です。夜になると一階がステーキハウスで2階がシューティングバー。シューティングバーと言うのはお酒を飲みながらエアーガンが撃てるのです。とてもめずらしいannoy

先日、友達と食事に行ったのですが、12時を過ぎており、コーヒーは有料だな~と思っていました。食事が終わり何も言ってないのにコーヒーが・・・sign01

私は「恐縮です~」お礼を言いました。12時すぎているのにサービスで持ってきてくれたんだな~と気付いたからです。                       

コーヒーをいただいていると店員が来て「お米を卸したりできますか~?」と・・・sign02                             

私 「・・・はいっsweat02出来ますよ~」          

店員 「3時頃が暇なので話しに来て欲しいですが」  

私  「私、明日の3時でいいですかsign02」     

店員 「よろしくお願いします」        

私は友達と目を合わせて、「なんで米屋ってバレたっちゃろーかね~」coldsweats01

米屋の前掛けもして行ったことないのに・・・sign02 

翌日、行って来ました。                

テーブルに座って待っていると店長さんが来られ、名刺交換。         

挨拶が終わったところで。名刺見ながら。

店長さん 「あーあんた、やっぱりあそこの息子ねー」

私   「当店をご存知ですかsign02

店長さん 「しっとーよー。NTTの交差点の先やろ~。あんたが旗だしよ~ところ見るもんね~」

私 「えっsign01そうなんですかsweat01今後とも宜しくお願いします」            

店長さん 「お父さんお母さん元気ね~昔はよく食べにきよったね。あんたも一緒にきよったやん」

このステーキハウスは私が物心が付いた時からあり、ホルモン焼きが全盛期のなか、ステーキハウスとは凄いと思っていました。

店長さん 「どうせ取るなら、知ったところから取りたいけんね~」      

今回はとても有りがたい話でした。たま~に食堂やお弁当屋さんからお米の商談を頂くのですが、「味は二の次、金額を・・・」難しいくて断っていました。

前向きに頑張っていれば、良い事も有るようですhappy01   

   

まだまだ続く「お弁当の日」

博多は夕方から雨が降ってきました。

またまた「お弁当の日」ですがcoldsweats01

お弁当の実施校の発表が終わり、発案者の竹下校長先生の登場です。

連日、講演と資料作成でハードスケジュールの為か、少々ボヤキモードで講演が始まりましたcoldsweats01

「たった今、福岡に着きました。前の講演を聴いていないから、どんな流れで話せばいいか・・・(汗)    これは残酷ですよ~笑いの真打と泣かせの真打が終わったところで、空席が目立つ中、なにを話せばいいか」

会場は大爆笑happy01

                            

お弁当の日を続けていくに連れて、生徒の実力がめきめきと上がってきました。そんな中、一人の男の子がグループの皆に言いました。「一人、一品持ち寄らない?」その裏には朝早起きするのはきついので、一品だけ作れば寝坊でる。さらにグループは五人、五品集まればおかずに困ることはない。

グループのみんなも賛成しました。

「テーマは中華でいいよね」男の子の得意料理は餃子なのだ。 

女の子「私はチャーハンを作ってくる!」

男の子 「俺はピーマン嫌いだからな~」とチャーハンにピーマンいれるなよ~と合図。                          

女の子は思いました。私のチャーハンはピーマンを入れても美味しい。女の子はその日からピーマンを入れても美味しいチャーハンを何度も何度も作りました。調味料を変えたり、ピーマンのサイズを変えたり、火加減を変えたり一生懸命に頑張りました。そしてとても美味しいピーマン入りのチャーハンが出来上がりました。

お弁当の日、朝礼が終わり1時限目の始まる前、女の子は自慢げにと少年の前にチャーハン入りのお弁当を置いて、フタをあけました。

男の子「うわっ!ピーマン臭い!」         

この言葉を聴いた女の子はとても傷つきました。一生懸命に作った、チャーハンを否定された訳です。心に大きく傷が残ります。

数日後、女の子は夕食の席に着きました。お母さんが手料理を食べていると、女の子が「私、にんじん嫌い」と言ってにんじんを皿の隅の方にどかしました。

その時、女の子は思いました。「私も男の子と同じ事をしている!」  

それから女の子はお母さんの作った手料理は好き嫌い無く、美味しいと言って食べています。

                            

お弁当の日続き

博多は晴天で夕方を迎えています。

まだまだ熱いので、半袖でいけそ~sportssun

またまた「お弁当の日」の続きですが・・・coldsweats01

お昼のお弁当タイムが終わり、「お弁当の日」の実施校の先生と生徒の発表が始まりました。

福岡市の小学校の教師、稲益先生の発表。  

これまで「お弁当の日」を実施して、子供のいろいろな成長を見ました。

私が小学校の移動をする事になって、最後の「お弁当の日」になった日、ある女の子が、私に、このお弁当を作ってくれました。(スライド画像)

そのお弁当には「これまでありがとう」とメッセージが書いて有りました。

この子を紹介します。(スライド画像)         

じつを言うとこの子にはハンディキャップが有ります。

私はこの子にはちょっと無理かなと思っていました。

しかし、お母さんと一緒に作ってきました。

更に担任を外れて、一年経っているのに私の為に作ってくれました。crying

じつは今日、この会場に来ています。(ステージに上がり自己紹介2、3問質問。)

彼女のお母さんが私に宛てた手紙を読み上げます。

「十二月、社会科見学の朝、1時間早起き。どうするのかな~?作るのかな~?「あき、お弁当はどうする~?」と聞くと、すくっと起きて台所に直行し、一生懸命に作っていました。こんな機会が無ければずっと先送りしていたと思います。そして出来る事なのにずっと遅れていたのかもしれません」

私はこの手紙を読んで弁当の日をやって本当に良かったな~と思いました。

「あきちゃん今度の土曜日はお弁当の日なんだよね~作りますか?」

「つくりますぅ~」                                             

「また、あきちゃんのお弁当食べたいな~また作ってくれるかな~?」

「いいょ~」                        

                            

会場は暖かい空気と感動の涙で包まれていました。crying

Img_2051

「お弁当の日」続き。

博多は晴天で暑い一日です。

「お弁当の日」シンポジウムの続きですが、        

内田美智子助産師の話が終わり、お昼の12時riceball

待ちに待っていた、お弁当の時間ですhappy01 

Img_2009_2  Img_2016_2                                

            

            

            

              

お弁当を持ってきたのは、50人位いたかな~。

それにしても弁当が並ぶと、とても綺麗happy01

私もお恥ずかしながら、かしわのおにぎりを。

Img_2014 Img_2011                        

         

           

十六個、かしわのおにぎりを作りました。      

他の弁当を見ていると~lovely

Img_2010               

                

                 

こんな可愛い弁当や。

Img_2020_2 Img_2017                  

             

           

こんなつわもの弁当がsign03              

30分ほど経つと~・・・。               

Img_2026 Img_2035

 

あっと言う間に無くなりました~sweat02         

結局、私が食べたのは、かしわのおにぎり一個と芋の天ぷら一個・・・sweat02

お弁当が余るかな~と思っていましたが、どうやら、ぜんぜん関係ない通行人まで食べていたので、綺麗に無くなりました~sweat01

Img_2012 Img_2028                                 

   

「生ましめんかな」

博多は晴天で気持ちいい朝ですsun

昨日は消防団の纏の訓練。       

一月に消防出初式があるので練習の回数が増え、内容がハードになっていますsweat02

内田美智子助産師の話を聞いて、「ここ」の本を読み返しています。

その中の一部分ですが。

「生ましめんかな」              

--------原子爆弾秘話-------

こわれたビルデングの地下室の夜であった。

原子爆弾の負傷者達は            

ローソク1本ない暗い地下室を          

うずめていっぱいだった。                

生ぐさい地の臭い、死臭、汗くさい人いきれ、うめき声。

その中から不思議な声が聞こえてきた。

「赤ん坊が産まれる」と云うのだ。         

この地獄の地下室で今、若い女が            

産気づいているのだ。                  

マッチ1本ない暗がりでどうしたらいいのだろう。

人々は自分の痛みを忘れて気づかった。       

と、「私が産婆です。私が生ませましょう」と云ったのは

さっきまでうめいた重傷者だ。                

かくてくらがりの地獄の底で新しい生命が生まれた。 

かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。

生しめんかな                     

生しめんかな                     

己が命捨つとも。

                                                              

                                                             

とても号泣です~crying 

Img_2023              

お弁当の日 シンポジウム

博多は曇り。肌寒い朝を迎えています。

もうそろそろ長袖かな~cloud

火曜日なのに日曜日の日記・・・sweat02

日曜日は、待ちに待っていたsign01

Img_2055 どうするsign01どうなるsign01日本の食シンポジウム

「お弁当の日」            

                    

「お弁当の日」とは、香川県の少学校(現、中学)の校長先生で竹下和男校長先生が、生徒にお弁当を作らせようと言う企画。この企画を七年前から、実施して今や小学校・中学校・高校・大学・会社で実行されるようになり、「お弁当の日」実施校は200校を超えているそうてす。

それで今回は、その竹下先生の講演会。それ以外にも「ここ」と言う本の著者、内田美智子助産婦の講演とコーディネーター佐藤剛史さんと魚谷おさむ(漫画家)稲益義宏(小学校教論)波多江小夜子(JA糸島理事)さん達によるクロストーク。

この企画では一品だけ、おかずを持参しよう。と言う事で私も、一品・・・happy01

Photo Photo_2          おかずではないんですが、福岡の郷土料理「かしわのおにぎり」を持っていきました。

今まで、私は料理はあまりしていませんでした。作っても焼くだけとか、温めるだけ、今回は「お弁当の日」の企画で決まり事、自分でメニューを決め、買い物し、調理して、みんなに食べてもらう。

それで今回の「かしわのおにぎり」は私一人で作りました。ごはんの量は6合。初めて作りましたが、以外に大変sweat01近くの商店街の中に「鶏肉専門店」が有り。そこのおばちゃんにかしわのおにぎりの作り方を質問すると、事細かに説明を受けました。私が「お肉、多めが良いんだけど~。」言うと「つまらん多く入れたら、味がわる~なるsign01」とてもこだわっていましたsweat01

鶏肉とごぼうとにんじんを購入。家に帰って調理開始。

6合と言う量はとても大変で。ごぼうとにんじんを笹きりをして、食べやすい用に出来るだけ薄く薄く切りました。この段階で左手親指がツッテしまいましたcrying笹きりした後でも、更に包丁で細かく刻む。鶏肉も更に細かく切っていき、鶏肉の切りにくさ、包丁の危険さを知りました。お湯を沸騰させ、ごぼうと鶏肉を十分ほどゆでて醤油とお酒と砂糖で軽く味付け、あらかじめ仕込んでいた、お米を水揚げして。ゆで汁と鶏肉とごぼう、にんじんをジャーの中へ。スイッチオンgood

一時間で炊き上がり、おにぎり製作。炊飯時間を除くと二時間ほどかかり、これを母は今までやってきたと思うと、頭が下がる思いでした。本当の「お弁当の日」を実施する意味がわかった気がします。

それを持って電車に乗ると・・・。たくあん臭い・・・sweat02

しら~ん顔をしながら、会場へ。エレベーターに乗ると、「なんか臭~いsign01」と三歳児・・・coldsweats01   

会場に入り一番前、壇上のまん前に席を取り、間もなくするとshake師匠が来ました。講演が始まり、内田美智子さんの登場なんですが、その前に内田さんが作ったスライドショーの上映が有り、静まった会場から「シクシクッweep」と鼻をすする内容でした。「泣かせるね~」と思っていたら内田助産師の登場。とても泣ける内容でした。         

この続きは明日・・・m(_ _)m

「言いたきゃ言う、こきたきゃこく」

博多は昨日に続き、曇り。今週はずっとこんな感じのようですcloud

昨日はコンサルタントの徳永先生と市役所の村中さんと地元で靴屋さんを営む井上さん(女性)が来店されました・・・sweat02

博多商人塾のアフターフォローでお店の診断。

いろいろとご指摘を受けましたsweat02内容は控えたいと思いますがsweat01

「言いたきゃ言い、こきたきゃこく」という言葉が有ります。この言葉は自分が思っている事を言う。良い意味で使われるか、悪い意味で使われるかは分かりませんが、私はいい意味で使いたいと思います。いい意味と言うのは「あなたにがんばって頂きたくて言ってる」と言う事。悪い意味は「私が言いたいから言っている」                      

消防団の団長からもよく叱られます。苦言ですcoldsweats01私が話していると「あんたが言う言葉じゃないバイsign01なんば言いようとねーpout」一瞬・・・なんの事かわからない・・・sweat01取りあえず、その場は「す・すいませんでしたcoldsweats01」と言う事で。でもよくよく考えていると、消防団に入って数年の私が先輩を「押しのけて言うじゃない」と言う事に気付きました。たまに話しに熱が入るとついつい気付かずに言ってしまう事があり、それを指摘してもらえるのはとても有り難いと思います。プライベートの「言いたきゃ言い、こきたきゃこく」消防団。商売の「言いたきゃ言い、こきたきゃこく」は徳永先生と思いました。大人になるとどうしても人の顔色をのぞいたりして、優しい言葉をかけてしまいますが、指摘してくれる人を大事にして行きたいなと思います。

農家に行ってきました。

sign01博多はくもりのまま夜になりましたmoon3

暗くなるのもだんだん早くなってきましたshine

昨日は福岡県は三潴郡に行ってきました。

JA福岡大城特別栽培米部会の方達との懇親会でした。

Img_1975               

                 

                   

米屋の参加者は梶谷師匠 shake師匠 今福さん 末安さん 私。五人でお邪魔しました。一通り自己紹介が終わって、最初に口火を切ったのは川村さんでした。川村さんは農業改良普及センターの水田農業係の人で「つやおとめ」を育種から作った人。育種の話しをずっとしていました。最初は農家の方じゃない人が喋っている~と思っていました。私は、こう言う話し合いは初めての参加で農家の方の代表、今回は特別栽培部会、会長の本村さんが喋るかと思っていました・・・がsign03その育種の話がとても面白く、更にその話しに食い込んでいくshake師匠の知識の深さにはとても凄さを感じました。川村さんもshake師匠の事を「さすがsign01」とベタ褒めshineこの川村さん実はタダ者では無かったのですcoldsweats01農家の方達ととても親しく話しているな~と思っていたら、実は川村さん自身、仕事でもプライベートとでも「つやおとめ」を作っており。やっぱりご自分で田植えされているから、農家の方と仲がいいんだ~。納得happy01

Img_1983 場所を変えて川村さんの田んぼに行きました。この画像・・・分かりますか~sign02 稲の幹の大きさが違うんです。左の太い方が川村さんが作った「つやおとめ」右の細い方が「ひのひかり」こんなに違うとはみんなさん、ビックリlovelyさらに減農薬・減化学で作っている田んぼは雑草がほとんど無く、米屋みんなで2度ビックリですたsign03「減肥減農で作って草がボウボウは当たり前で、いかに雑草を少なくするのが腕の見せどころpunch」と言ってました。

今回の懇親会はとても勉強になりました。次回は新米が取れたら、また試食会と話し合いをするそうで、とてもたのしみですhappy01

食べてばかりですが・・・(^_^;

博多は晴天で汗ばむ陽気・・・sweat02

ビールが美味しいです。

昨日は友達と食事に行ってきましてたbeer

ザッショは飲みに行くにはとても便利でお店に困ることは無く、最近は特徴を持ったお店が出来ています。今回は牛タン専門店「タン屋」に行って来ました。このお店は牛タンに特化しており、サイドメニューは焼き物中心に十数品でした。

注文したのは、「牛タン」と「地鶏の炭火焼」注文しました。最初にタンが出てきました。ステーキの形で食べやすいように、カットしてあり、かる~く、表面が焼いています。箸でつまむと柔らかく、ピンク色のお肉に白い霜降りが入っていて、荒塩に付けて食べてみると、口の中でとろけるような美味さhappy01肉の旨味が口いっぱいに広がって、そこでビールを流し込むとなんとも言えない幸福感shine

つぎに「地鶏の炭火焼」が出てきました。炭火焼きと言っても、これもまた軽く表面を焼いているので、炙りっぽい。ピンク色でレアな焼き方。からしを付けて食べてみると、とても柔らかく、美味しい。からしも地鶏にあうようにブレンドしているみたいで、とてもうまかったsmile

友達と話しているとラーメンの話で盛り上がり、友達のおすすめは「博多 一幸舎」と言ってました。

さっそく、お昼に食べに行って来ました。場所は大野城市の御笠川。行ったら駐車場が一杯で大人気のようです。食券を買ってカウンターに座り注文。

やってきました。ラーメンとチャーハン・・・happy01

Photo                         

                        

ラーメンの見た目は、チャーシューときくらげと万能ネギがのっており、ドロっとしていて、しかし油のドロドロでは無く、どちらかと言うと油は少ないほうだ。

さて、ズズッと一口食べると・・・smile バリバリ美味いsign03

濃厚でトロトロなスープだけど油がしつこく無く、雑味がない。濃厚と言うのは豚骨をとても煮込んで、あく抜きを何度も繰り返しているから濃厚だとおもう。関東の人はとんこつラーメンを食べると獣臭いとか油がキツイと言うが一幸舎に来れば、美味しく食べれるかも。でも最後の方はスープの濃いさがだんだんキツク・・・sweat01

あと値段だけど。

2             

               

           

ラーメンが650円。ちょっと私の財布から比べると少々高いような・・・noodle でも半ラーメン、半チャーハン、半替え玉、ミニチャーハン、餃子も10個から5個。から揚げや、学生セット、ランチは4種類。半分が有るのが嬉しいのと、ランチがあって学生セットがまたまた嬉しい(学生ではないですが)

すごくお客様のことを考えているな~思いました。smile

地産地消

博多は晴天で汗ばむ陽気sun

夏に後戻り・・・sweat02

ブログを休んでいるときは、飲みか勉強会か忘れているかsweat02のどれかですcoldsweats01

大分県の九重に遊びに行ったことです。

道の駅みたいな所に立ち寄り、いろいろと物色していると、おじさんが炭火焼きでジュージューと焼いている鴨肉を発見sign01450円と言う手ごろ間。もくもくと上がる煙に、香ばしいお肉が焼ける香り・・・鴨の油が滴って、落ちた油は炭の上で食欲をそそるいい音出していますlovely

これは買いでしょ~と思いお腹も空いていたため、買っちゃいました。香ばしい香りを嗅ぎながら、一口食べるとアツアツのお肉の旨味が口一杯に広がり、メチャメチャ美味いsign01ここでビールbeerがあれば最高なんですが、お茶で我慢japanesetea 

やっぱ地元で取れたものは美味いな~と感動に浸っていましたhappy02

私 「おじちゃん。この鴨ってどこで飼ってるの~sign02

おじちゃん 「フランスだよ~」              

私 「・・・フランスって外国だよね~sweat02

おじちゃん「そうそうフランスから直輸入。内はもともとお肉屋さんだからね直輸入できるんだよ。おいしいかろ~sign02」   

私「・・・美味いどす~sweat01」            

                   

福岡市は早良区の山の中に美味しい豆腐屋さんが有るんですが、豆腐を買ってテーブルで食べていると、醤油が置いて有り、裏の表示を見ていると、販売者福岡県粕谷と書いてありました。お米が置いてあり、表示を見ると佐賀県産・・・wobbly 中では表示が無いお米あったような~。   

山の中にある販売店はもしくは道の駅は地産地消をみなさんはイメージしますがたまに違うことがあります。これが良いのか悪いのか分かりませんが、私は少々、期待を裏切られたような・・・coldsweats01豆腐屋さんの廻りでも美味しいお米や合鴨の無農薬を作っている農家がいるのでそう言う商品を扱ってもらったらな~と思います。          

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ